良くある質問

Q:NLPの資格を活かせる職業を教えて下さい

NLPをマスターしてNLPプラクティショナーやNLPトレーナーなどの資格を取得できたら早速仕事に役立たせましょう。主にコーチングやセラピストなどの職業に就くことが一般的です。

コーチングは相手の才能を認めて個々の目的達成に向けた指導を行う仕事です。そのため相手に情報をそのまま伝えるのでなく、相手にとって最も適切なアイデアを提案することができるように客観的にものを考えるようになります。また自ら学んで問題などを解決できるスキルを磨くことができます。コーチングの仕事は、プロジェクトを企てたり人材育成に重視が置かれる管理職に携わる人に大いに役立てることができるでしょう。

NLPの学習の中で、とりわけ目的達成のプロヘクトを立てるテクニックを習得する「アウトカム」、理想の人物を思考や行動を真似しながら理想の状態になる「モデリング」などの2つのスキルを身につけることができます。

Q:NLPや心理学、言語学は初心者ですが受講できますか?

ほとんどのNLPスクールが初心者でも受講できるレッスンを行っています。基礎から一つ一つ丁寧に教えてくれますので、効率よく学習をすることができます。少人数制度をとっているスクールが多く、質問もしやすいリラックスした雰囲気が体験できます。目指す資格によってはすでに資格受講を修了した受講者を対象としたコースがありますが、初心者では入門から学習できるコースをベースに設定されていますので安心して受講ができます。

初心者にとって心理学や言語学を学習するには抵抗がある人もますが、熟練したトレーナーがいてこそわかりやすく効果的な学習をすることができます。独学をしてわからなかった内容も一人で悩むことなく、トレーナーや他の受講者と一緒に楽しく学べるので実践的なスキルも身につけることができます。

Q:認定書の発行にテストはありますか?

資格を目指している人はスクールが設定している一定期間のコースを修了することで認定証を受けることができます。資格を取得するテスト合格を目的に講座を受けるのではなく、一つも見逃すことなく講義に参加することでコースごとの資格を得ることができます。

NLPはテキストによる知識を学ぶほか、実践的な学習をしてこそ仕事で活用できるので、積極的なコース参加を資格取得の条件をしています。つまりテストを受けなくともコースには仕事に必要なカリキュラムをプログラムしておりますので修了と同時に取得合格につながります。

また欠席をした場合や講義後の勉強会などのフォロー体制を設けているスクールを選ぶと講義を見逃すことなく、さらに深い学習ができますのでNLPをしっかり理解することができます。また参加者同士での情報交換や人脈が増えることで資格をどう生かすかなど受講後のNLPの活用場が見つけやすくなるでしょう。

TOPへ戻る