NLP用語集

アイ・アクセシング・キュー

目の動きを追いながら、視覚や聴覚、体感覚のどこの部分にアクセスしているか分析を意味します。この考えを意識しながら会話をすると、相手の思考を知ることができます。

アウトカム

自分が求める目的や目標を意味しています。アウトカムを持つことで人生にやりがいを感じることができ、やる気を持ちながらハツラツと前向きに考えることができます。

アソシエイト

物事を主観的な見方でいる状態です。そのため自分の思考に固守してしまいます。例えば過去に起こった嫌な出来事を、現時点で同じ思いがよみがえりその感情に捉われてしまいます。

アンカー

アンカーとは錨の意味があり、一度経験した特定の反応や感情を必要な時に思い出させることです。例えばよく聞いていた音楽が耳に入るとその時の感情を思い出す効果です。

キャリブレーション

言葉でなしで相手の思っていることをさ察するコミュニケーション法です。ジェスチャーや話し方を変えることでスムーズな対話をできるようにします。

サブモダリティー

五感を通して感知する時に使われる要素のことを意味します。サブモダリティーで受け入れる感覚を心地よくしながら、反応や印象を変えることができます。

タイムライン

現在、過去、未来を一つのライン上に置いて考える方法です。時間に沿って歩くことで、理想的なイメージをつかみ、将来へ向けて目標が達成しやすくなる感覚へ導きます。

ディソシエイト

ディソシエイトは物事を客観的に見る状態のことを意味します。例えば過去に起こった嫌な出来事でも現時点で同じ感情がよみがえることはありません。

バックトラッキング

相手の言いたいことを理解しながら、言葉を反芻しながら会話をする方法です。スムーズなコミュニケーションをするために効果的なテクニックです。

ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)

神話の研究家の第一人であったジョセフ・キャンベルの理論であり、神話の中の一つの8つの流れを意味します。この理論を頭に入れておくことで、自分に起こるトラブルなどを落ち着いて解決することができます。

ブレイクステート

現状の状態から出ながらニュートラルな状態へ移動することを意味します。他の物事の体験や質問を変える時に、感情を切り替えるために利用されます。

ページング

相手の話し方に合わせてリラックスできるコミュニケーションをとります。声のトーンや話すスピード、感情の入れ方などを細かくチェックします。

ポジション・チェンジ

視点を変えながら話の内容の受ける印象を変える体験のことです。第一ポジションは自分の視点、第二ポジションとして相手の視点、そして第三ポジションには第三者の客観的な視点です。

ミラーリング

目の前にいる相手のジェスチャーを真似することで、信頼感を得るテクニックです。あまり過度に真似をすると逆効果になる恐れがありますので適度に行う必要があります。

ミルトン・モデル

催眠術者ミルトン・エリクソンがクライアントに使っていた巧妙な言葉の使い方を分析し体系化したものです。簡潔な文章で相手に対して無意識に影響するポイントがあり、そのポイントの解説はミルトン・モデルと呼ばてれいます。

メタファー

現実にありえない寓話や伝説などを通して、その中で語られている教えやメッセージを聞き手に伝えることを意味します。その他自分自身の体験などもメタファーとして使用することができます。

メタモデル

人が会話をするときに表現される部分に以外に隠された言葉や意味合いを明確にするコミュニケーション法です。相手に質問をすることで言葉の解釈を容易にします。

モデリング

自分がこうでありたいと思う、理想の人の考えや言葉、行動などを真似しながら身につけるテクニックです。自分自身に自信がないときに取り戻すサポートができます。

ラポール

「橋をかける」という意味のフランス語です。相手との信頼関係を意味し、NLPを学習するにあたって欠かせない大切な専門用語です。

リフレーミング

出来事のフレーム(枠組み)を変えながら、他の見方をさせる方法を意味します。人生の中で起こる様々な出来事を、自分にとって良い方向へ持たらすように考えるトレーニングです。

T.O.T.E モデル

T.O.T.EはTest-Operate-Test-Exitの略語で目的の到達のルールを構図化したものです。人それぞれ目的を達成するのにおこす行動を具体的に説明したものがT.O.T.Eモデルです。

VAKモデル

VAKはVisual Auditory Kinestheticの略語です。視覚や聴覚、身体感覚のどの部分に相手の特徴がでるか、分析や観察をしながら適切なコミュニケーション法をとるようにする方法です。

TOPへ戻る