NLPの資格

NLPプラクティショナー

NLPプラクティショナーは、仕事でもプライベートでも活用できる実践的なレッスンで、本格的なNLPの学習を一貫して得られる資格です。NLPの入門から応用まで受講生の様々な目的に応えるトータル的なNLPを学習した証明書として、どんな分野でも通用するので、NLPの資格を目指す人ならとっておきたい有効な資格です。

カウンセリングやコーチングなどの資格講座をとる人もいますが、プロとして活躍したいならNLPプラクティショナー資格は総合的なNLPの知識を身につけることができますので、ビジネスの様々な分野で活用できるでしょう。

NLPのレッスンは一方的な講義で行われる通常のレッスンとは異なり、体験型のワークを通して勉強していきます。そしてNLPの知識をテキストを通じて加えることで効果的な学習ができるよう努めています。

NLPマスタープラクティショナー

NLPマスタープラクティショナーはさらなるNLP学習を高めたい人の上級レベルの資格です。単なる実践だけでなく、人とのコミュニケーションスキルをさらに深めながら、同時に自分自身とコミュニケーションをするテクニックを学びます。

大企業や特殊な才能を要する現場などでも活用できる、ハイレベルのNLPで優れたコミュニケーション力を養えるのでビジネスで即効的に活躍できるでしょう。また自分のためのスキルだけでなく、周囲の人からのアドバイスにもプロのカウンセラーとしてスムーズに対応しながら信頼ある人材に成長することができます。とりわけプロのコーチングやカウンセリングをしている人には、最高のパフォーマンスを発揮することができ、説得力のあるプレゼンテーションなどを行うことができるでしょう。

NLPトレーナー

ビジネスでNLPを活用するための資格の他に、NLPを教えたい人への資格がNLPトレーナーです。この資格は3つの資格の中でも頂点を極めるもので、プラクティショナーとマスタープラクティショナーの2つの資格をすでに取得していることが第一の条件です。

スクール内のトレーナー達によって、トレーナーとしての資格があるか認定されることで初めてトレーナーとして活動することができます。さらにNLPプラクティショナーとNLPマスタープラクティショナーの2つの資格を発行できる権限を持つことができます。

またこの資格はあくまでもトレーナーとしての講義法のテクニックを学ぶことに重点が置かれ、NLPのスキルアップのための個々のトレーニングよりも、わかりやすい講義を伝えるための手順を学びます。

TOPへ戻る